Entries

スポンサーリンク




広島建設の注文住宅、価格の基準。

広島建設の価格を見ていますと、そんなに高い価格ではないように思えます。

タマホームやレオハウスと比較すると少し高い価格に感じるかもしれないですが、十分にローコストと呼べる価格設定だと思われます。

広島建設のベストセラーシリーズであるセナリオシリーズは充実した標準装備で低価格高品質を実現している商品ですが、坪単価にすると25万6000円から34万7000円ぐらいという価格設定になっているようです。


坪単価は延床面積が大きいほどに安く表示されますから坪単価だけを見て住宅の価格を考えるのは避けた方がよいと思われます。


一応、広島建設の住宅の価格と坪単価の一例を掲載しておきます。


建築総面積が30坪の広島建設「セナリオワン」の価格は約1042万円です、坪単価は約34万7000円。

これが40坪のセナリオワンとなると、価格は約1243万円となります、坪単価は約31万800円。

50坪ですと、約1449万円という価格で坪単価は約28万9000円です。

60坪ともなりますと価格が約1537万円で坪単価が約25万6000円です。


どうですか?

広さが大きくなっていくほどに本体価格が上がっていくのは当然なのですが、逆に坪単価は安くなっていきます。


どれも同じ広島建設のセナリオワンとういう商品なのですが、坪単価を見て家の価格を語れない理由がわかっていただけると思います。


ちなみに、広島建設の注文住宅は木造軸組工法だけではなくて重量鉄骨造でも建てることができます。

重量鉄骨工法のセナリオプルーフの価格と坪単価も合わせてご紹介しておきますね。


広島建設の一階部分がフルオープンタイプの重量鉄骨工法の50坪タイプですと、価格が約2600万円で坪単価が約54万3000円です。


これが60坪となると、本体価格が約2980万円で坪単価が約49万6000円となります。


70坪で価格が約3240万円で坪単価は46万3000円。


この内容でこの価格ですから割安という評価もあながち間違いではないと思えます。


それでもこれだけのハッキリとした価格や坪単価の基準が示されていれば、購入する時の目安としては安心感がありますね。


特に重量鉄骨だと一階部分がオープンとなりますから駐車場などにできるメリットはありますね。

都市部などではいいのではないでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ