Entries

スポンサーリンク




アエラホーム「コスパス」の価格や坪単価は?

アエラホームの超省コスト住宅プランである「コスパス」の価格や坪単価はどのくらいになるのでしょうか?

もともと低価格を求める人がアエラホームを意識する傾向は強いのですが、新商品として登場したコスパスが超の付く省コストプランなのですから人気が出るのは確実でしょう。

しかも新商品のコスパスは、自由設計でありながらも低価格だったアクラスに置き換わる商品のようで、長期優良住宅にも対応したということですから価格を抑えながらもグレードアップしていることになります。

さて、ここで気になるのがコスパスの内容ですが・・・・高断熱を意識する当サイトとすると、若干気になる部分がありますね。


その気になる部分というか問題点というか・・・断熱材がグラスウールになっていることが気になります。

アエラホームには、高気密高断熱の外断熱住宅であるクラージュが用意されているからこそ、なおさら気になるのかもしれません。

しかし、この断熱材に関することは前回の記事である「アエラホーム、コスパスの特徴は?」でも書いていますけどね。

それだけ私としては断熱材がネックというか問題点として浮上してくるわけなんですね。

しかしよく考えてみれば、アエラホームのコスパスの坪単価は、アエラホームの他のプランよりも低く抑えられた坪単価になるのですからね。

ここは、コスパスの価格や坪単価の安さを考えれば妥協しなければならない部分とも言えるでしょう。

世の中の全員が私のように高断熱にこだわっているわけではないですからね。

私が高断熱や断熱材にこだわるように、低価格や安い坪単価にこだわる人がいるのも間違いないのです。

そう考えると、断熱にこだわる人は一条工務店の圧倒的な高断熱住宅を買い求めればよいだけの話です。

それとは逆に、低価格や坪単価にこだわる人はアエラホームのコスパスを求めればよいという考え方にもなりました。

寒い地域にお住まいでないならば十分に暖かい家となるでしょう。

また、寒い地域の方でも暖房をほとんど使わないという人もいるのも事実です。
(私としては驚きですけどね。やはり、常時23度くらいに室温を維持しておきたいのが私です。)


価格を極限まで抑えたという触れ込みですから、価格にこだわる方はアエラホームのコスパスをチェックしておくべきでしょう。

坪単価に関しては、家の大きさによっても変わりますから一概には言えませんが・・・他社の坪単価と比較する時は気をつけましょうね。

あくまで、アエラホームの各プランの比較においてだけ坪単価は有効な指標になると考えておいた方が良いと思いますよ。

初めて家を建てる人や、住宅メーカーやハウスメーカーを比較し始めた人は特に坪単価には注意です。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ