Entries

スポンサーリンク




タマホームの標準仕様一覧と確認

住宅メーカーによって標準で備えている機器や設備というものはかなり違っているのが通例です。

安い坪単価に惹かれてローコスト住宅メーカーを選んでしまったら、カーテンや照明すらも標準装備ではなかった・・・なんて話しも噂話で聞くこともあります。

そして、ローコスト住宅メーカーとして有名なタマホームさんに関しては標準装備をきにして調べる人がかなり多いように感じます。

やはり、安いからには抜けている部分もあるのではないかと勘ぐりたくもなるのかもしれませんね。

タマホーム自体は、快適で安心で充実の標準装備として標準装備の充実度をアピールしていますが・・・

いったいどんな設備や機器が標準装備なのかを調べてみることにしました。


一応、一覧として書き連ねていってみたいと思います。(条件としては施工面積が35坪以上)


・システムキッチン(ハンドシャワー水栓、シロッコファン)

・オール電化(IHクッキングヒーター、エコキュート)

・大型ボウル洗面化粧台(曇り止めミラー付き)

・水洗トイレ(ウォシュレット、オート洗浄、暖房便座)

・システムバス(換気扇暖房乾燥機、断熱浴槽)

・カラーモニター付きインターフォン

・アルミ樹脂複合断熱サッシ

・24時間換気装置

・火災報知機

・玄関、浴室、階段、トイレの手すり

・基本照明、床の間、障子

・Low-E複層ガラス



構造的な標準仕様としては・・・


・基礎パッキン工法

・4寸角ヒノキ土台

・耐震金物

・耐力壁

・4寸角柱

・ベタ基礎


サポートの標準仕様は、住宅瑕疵担保責任保険とシロアリ10年保証と地盤保証システムですね。


タマホームの説明には、まだまだ標準装備と言える内容の物が記載されていますが・・・当たり前と思えるような物もありましたので、それは書いていません。


他の住宅メーカーの標準装備と比較してみて検討するのも悪くないですが・・・

やっぱり、住宅の基本構造を重要視するのが良いと思いますね。

カーテンや照明器具やトイレや洗面台なんて、お金さえ出せば後からどれだけでも交換することができます。

しかし、基本構造や断熱材などといったものは・・・あとからではどうにもならないものですからね。

キッチンや風呂などは、あまり交換しないものですから気に入った物を購入しておく方が良いと思います。

だって、毎日使う物ですからね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ