Entries

スポンサーリンク




マキシオの特徴や評判は?(積水ハウス)

積水ハウスのシャーウッドシリーズであるマキシオですが、どのような特徴を持っている商品なのでしょうか?

積水ハウスマキシオ(M'axio)は、木に抱かれるように気持ちよく暮らし歳の暮らしを自由に創るという特徴を持っているようですが、この表現では抽象的すぎて分かりやすいとは言えないですよね。

簡単に言うと、マキシオ(M'axio)は木で建てる3階建ての家というのが最大の特徴だと思うですよ。

土地の狭い都市部であっても3階建てであれば十分な室内空間を確保できるというメリットを持っていると言えるのが積水ハウスのマキシオ(M'axio)です。

さらに、3階などであれば十分な採光も可能となりますから、増々都市部でのメリットが大きくなるという特徴を持っています。


さらに、今までであれば3階建てともなるとコンクリート住宅となることも多かったのですが積水ハウスのマキシオ(M'axio)であれば木で建てることができるのです。

さらに、木で建てられるにもかかわらず大開口が可能となる点も魅力的な特徴と言えるのではないでしょうか?


大開口が可能となると、次のような間取りも可能となるのです。


1,バルコニー面の窓を連続した大開口サッシも可能なのです。

2,1階にビルトインガレージを創る際に2台並列駐車も可能となる。


どうでしょうか?

積水ハウスのシャーウッドマキシオ(M'axio)であれば、都市部でもあなたが理想とする住宅を理想の間取りや形で建てることができるのです。

まして、木造で3階建てです。

この当たりの特徴を最大限に活かした家を建てていただきたいものですね。


確かにコンクリートパネルを使った工法であれば、これらのことはマキシオ(M'axio)でなくても十分にできていたのです。


しかし、木の温もりを忘れたくないという方も多いことは確かですね。

そういう方にとっては、積水ハウスシャーウッドマキシオ(M'axio)はかなり有望な選択肢となるのではないでしょうか?


積水ハウスでは、3階建てを実現するために重量鉄骨工法も用意してあります。

確か、ビエナという商品だったと思います。

こちらであれば、さらに自由な間取りも実現できると思いますので・・・・

マキシオ(M'axio)のような木のぬくもりが必要では無い方はビエナも悪い選択肢ではないてお思います。
関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ