Entries

スポンサーリンク




タマホームのクレームや苦情のほとんどが自由設計に由来?

タマホームの事を研究しているブログの記事を読んでいると、「自由設計がタマホームの苦情とクレームの原因」と書いてありました。

自由に決められなくてタマホームにクレームや苦情が来るのなら理解できますが、どうして自由設計だとクレームなどが増えるのでしょうか?


そのブログの説明によると、自由設計の注文住宅が低価格で購入できるのがタマホームの特徴なのだが・・・

実際は、タマホームの家は完全な自由設計ではなくて規格住宅なのだそうです。


これは驚きです。

確か、広告などには大きな文字で「自由設計」とか「注文住宅」と書いてありますよね?

それなのに、実際は規格住宅だということになれば大問題になるのではないですか?


私は家を建てたこともないですし、タマホームの展示場なども訪れたこともないので実際のところはわからないですが・・・・

そのブログ記事によると、完全に自由な間取り図面を書いてもらえるわけではなくて、既に準備されている間取り図面から最適な物を選択するということなのだそうです。

その範囲内の変更などはオプション費用なども必要ないとのこと。


しかし、自分の好みの間取りにしようと思って変更を重ねるごとに追加料金やオプション費用が取られることになってしまうのだそうです。

そうなると、低価格が特徴のタマホームなのに高額な家になってしまいますものね。


こんな事をしていれば、クレームや苦情が発生するのは当たり前ですよね?

「自由設計」というのが完全な自由を意味するものなのか、それとも用意されている図面内での変更が自由なのかという事は事前にハッキリと聞いておかなければならないでしょう。

広告の表現があいまいな所に原因があったり、苦情を発生する理由となるのでしょうけども・・・

それをお客に説明する営業マンに理由や原因がないとも言い切れないのではないでしょうか?


タマホームの広告はわかりやすい言葉でハッキリと書いてあるので引き寄せられてしまいますが、お客さんの方もこのあたりの事を知っておかないといけないのかもしれないですね。

少し前に「グレーゾーン金利」というのがありましたが・・・・


広告の表現でも「グレーゾーン」があるということなのでしょうね。
関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ