Entries

スポンサーリンク




電動昇降物干しの必要性は?最適な取り付け場所は?

新築する時には洗濯物の干し場を作ろうと決めている人は多いと思います。

晴れていれば庭やベランダで洗濯物を干せば良いのですが、雨の日や風の強い日などは室内で干す時間が長くなりますからね。

そこで考慮するのが室内物干しですが、せっかく新築するのであれば電動昇降物干しを設置しようと考えるのも当然でしょう。

しかし電動昇降物干しは安いものではないですので本当に必要な物かどうかシッカリと考えてから付けるほうが良いと思いますね。はたして最新住宅の室内干しで電動昇降物干しは要るのでしょうか?

最近の新築住宅だと浴室乾燥機が付いている事が多いですよね。そうであれば何も高い設置費用を掛けてまで電動昇降物干しを付ける必要など無いと思いませんか?

アパートや従来の古い住宅の場合は洗濯物が乾かないことが多いでしょうから室内干しの条件を少しでも良くしたいと考えるものですが、新築で高気密高断熱住宅を建てた場合は・・・室内の湿度がかなり低くなりますので(乾燥している)、洗濯物はアッという間に乾いてしまうことが多いのですね。

大量の洗濯物を長時間に渡って吊り下げっぱなしにする場合は室内物干しの設置も重要なのかもしれないですが、過乾燥である最新住宅であればコマ目に取り込むことができますので思っている以上にスペースは必要ないことになるわけですね。

オーバーに言えば、ホームセンターに売っているキャスター付きのハンガーラックのような物でも容量的には十分なことが多いのです。(四人家族の場合)

しかしそれでも、どうしても室内に物干しを設置したいという場合には・・・せっかく新築するのであれば電動昇降物干しを付けてみることをオススメいたしますね。

通常であれば上を見上げながら洗濯物を干す動作になるところが、昇降タイプですと目の前に降りている物干しに洗濯物を掛けていけるのですから楽なんですね。

また、電動であればリモコンで上下に昇降できますので画期的なほどに手間が掛からなくなるというメリットが大きいわけです。

洗濯物が室内に干してあるということは来客時などは目障りなものですので片付けておきたいものですが、これが電動昇降物干しですとかなり手軽に出し入れができちゃうわけです。

新築時であれば天井の補強や電源供給などの工事も簡単に行えますので、どうしても電動が欲しいという人は新築時に行うことをオススメいたしますね。

問題は電動昇降物干しを設置する場所ですが・・・高いものですから複数の場所に設置するのは勿体無いような気がしますね。

できることならば室内で目立つ場所に洗濯物を干したい所に設置するのが良いのでしょうが・・・意外とベランダやバルコニーの物干しを電動昇降物干しにするというのも悪く無い手ではありますね。

良く使う場所を電動にすることによって利便性を多く受け取ることができるわけです。

楽な位置まで下げて洗濯物を干した後は乾きやすい高さに電動で上げておけばいいのですからね。

しかし必要性という意味では、よほど体の都合が悪い人か年寄りにしか電動昇降物干しは必要ないのではないでしょうか?

若い人であれば洗濯物を干す時に腕を上げるくらいは良い運動の範囲だと思うのです。

使わないと関節の可動域もドンドンと狭まっていくので、ちょっと見上げて腕を上げて干すくらいの労力は惜しむべきではないのでは?
関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ